今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

【世界初「仮想通貨都市ノアシティ」はフィリピンに実在するのか!!(イートンシティを見に行ってきました!)】

旅行

【世界初「仮想通貨都市ノアシティ」はフィリピンに実在するのか!!(イートンシティを見に行ってきました!)】
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

仮想通貨(暗号通貨)都市「ノアシティ」がフィリピンに建設されるのをご存知ですか?!
経済成長が進んでいるフィリピンは日本でも注目度が高まっています。
そのフィリピンはマニラに、全ての買い物がノアコイン(NOAHCOIN)という仮想通貨(暗号通貨)でできるようになる、世界初の都市開発が予定されているのです。
このノアシティには、アミューズメント施設、ショッピングモール、カジノ、ホテルなどが建設されます。にノアコイン(NOAHCOIN)は正に今プレセール期間中の新しい仮想通貨(暗号通貨)ですが、まだまだ情報が足りません。購入するにあたって、実際にそんな場所があるのか?!現在の状況を知りたい?!と思っている方も多いと思います。
今回はその仮想通貨都市「ノアシティ」が本当に実在するのか?!現地を見てきました。

2017年5月 仮想通貨都市「ノアシティ」の現地視察

仮想通貨都市「ノアシティ」とは?!

2018年にノアコイン(NOAHCOIN)という仮想通貨が市場公開されます。
この仮想通貨ノアコイン(NOAHCOIN)は、フィリピン国内の問題となっている、海外出稼ぎ労働者(Overseas Filipino Workers)の、自国の家族へ送金する際にかかっている、年間3,500億円もなる海外送金手数料の問題を解決するために生まれました。
「ノアシティ」はその仮想通貨ノアコイン(NOAHCOIN)が、街中で使える世界初の仮想通貨都市の通称です。
この「ノアシティ」には、アミューズメント施設、ショッピングモール、ホテル、カジノなどの充実した施設ができる予定です。しかも、この都市開発には、フィリピン航空を傘下に持つ、ルシオ・タンというフィリピンの大富豪(2016年現在総資産額ランキング第4位)が40ヘクタールの土地を開発して仮想通貨都市を建設する計画なのです。

仮想通貨都市「ノアシティ」は実在した!!

ノアシティの正式名称は「イートンシティ(Eton City South)」と言います。
このノアシティ(イートンシティ)はフィリピン航空が所持する40ヘクタールにもおよぶ広大な土地です。まだ、ほとんど手が入っていない更地のままですが「ノアシティ」は実在します。
場所は、マニラのニノイアキノ国際空港から車で約40分程度、 空港からだとLuzon Expresswayという高速道路を使うとスムーズに辿り着くことができます。
現在は、ノアシティ(イートンシティ)を含めた一帯が、大々的な都市開発を行っています。すでに建設された周辺の街には、TOYOTA工場や三菱、スズキ、日産などのディーラー、高級ショッピングモール、高級住宅街、そしてゴルフ場、遊園地まであります。

↓ノアシティ現地視察動画↓
仮想通貨都市「ノアシティ」の現在を現地視察してきました。

仮想通貨都市ノアシティと周辺施設の今を紹介

①仮想通貨都市ノアシティの広大な敷地

ノアシティことイートンシティは本当に広い敷地でした。道路はすでに綺麗に舗装されていて、道路脇にはノボリがたくさん並んでいました。
現在、ノアシティ(イートンシティ)では高級住宅の建設が進んでおり、ゲートには警備員が立っていました。残念ながら、住宅の敷地内の撮影は禁止と、なかなかの厳重ぶりです。
ノアシティ(イートンシティ)建設地は、まだ、更地なのでノアシティ(イートンシティ)が完成するまでには何年もかかりそうです。
フィリピンの都市開発の一例として「Bonifacio Global City(ボニファシオグローバルシティ)(以下BGC)」という近代都市が、このノアシティ(イートンシティ)から1時間弱の北にあります。
このBGCは、フィリピンで最も安全でクリーンな近代都市と言われています。
日本でいう六本木・赤坂のような場所です。高級ショッピング街、高級住宅地、5つ星ホテルの「シャングリラ」、「グランドハイアット(今年オープン予定)」もありますし、将来的はフィリピン証券取引所がBGCに移転予定です。
BGCは、もともと米軍基地の跡地を再開発した都市で、2001年はまだ更地でしたが、都市計画が2012年から急速に進み現在に至っています。ノアシティ(イートンシティ)もBGCのように都市開発が進んでいくことになるので、BGCの今を見ていただくと、ノアシティ(イートンシティ)がどんな都市になるかイメージしていただくことができると思います。

②仮想通貨都市ノアシティ(イートンシティ)周辺には日本企業も進出しています

ノアシティ(イートンシティ)周辺には、トヨタ、パナソニックの工場、三菱、スズキ、日産、マツダ、ブリジストンのディーラーといった日本の有名企業が集まっています。また、フォード、フォトンの海外企業もありました。
フィリピンで走っている車は日本車ばかり、この地域に車メーカーが集まるのも納得です。
ノアシティ(イートンシティ)には、サーキット場も計画が予定があるそうですから、車好きのお客さんが世界中から集まるようになるかもしれませんよ。

③大型ショッピングモール Ayala Malls SOLENAD(アヤラ モール ソレナダ)

ノアシティ(イートンシティ)から車で10分ほどのところには、大型高級ショッピングモールの「Ayala Malls SOLENAD」があります。複数の建物を歩道がつないでいて、中には、飲食店や高級スーパー、コンビニ、スポーツ量販店、アパレル、マッサージ店、家電製品、カート場(フィリピン流のゴーカート?)といった多様な店舗が入っていています。
ソニーやユニクロ、アディダス、山頭火、ダイソーと日本企業も沢山入っていたのには驚きました。
建物の外は、芝生が茂る広場があったり、遊具で遊べるスペースが整っていて、家族連れでウィンドーショッピングを楽しむことができます。
ノアシティ(イートンシティ)にも「Ayala Malls SOLENAD(アヤラ モール ソレナダ)」の様なモールが出来るようです。
この「Ayala Malls SOLENAD」の他にも、ノアシティ(イートンシティ)周辺にはおしゃれなショッピングモールがすでに2ヵ所あります。

④遊園地 Enchanted Kingdom

ノアシティ(イートンシティ)建設地周辺には、なんと遊園地もあります。
どことなく東京ディズニーランドを彷彿させる雰囲気(お城はありません)。ジェットコースターや観覧車、メリーゴーランド、フリーホール、スプラッシュマウンテン、ゴーカート場、空中ブランコなど約30個の乗り物やアトラクションがあります。
日本円で約2,000円ほどで全ての乗り物に乗ることができてしまいます。
驚いたのは観覧車のスピードが、日本の3倍くらい早い速度で回っていたことです。
今回は時間がなかったので中に入れませんでしたが、次回はチャレンジして動画をアップします。

↓遊園地 Enchanted Kingdom公式ホームページ↓

↓ノアシティ現地視察動画↓
仮想通貨都市「ノアシティ」の現在を現地視察してきました。

まとめ

仮想通貨都市ノアシティ(イートンシティ)の建設予定地とその周辺の施設を見てきて
・ノアシティの建設地は実在しました。しかも広大な敷地でした。
・ノアシティは、ニノイアキノ国際空港から、車で約40分で行くことができるアクセスのよいところだった。
・ノアシティが完成するにはこれから5年以上はかかる。まだ現在では、何年に完成するかといった情報が市民に発表になっていない。
・ノアシティ周辺には、複数のショッピングモール、ゴルフ場、遊園地などもあって日常生 活+αの環境が作られており、これから人口が増えるのはわかった。
・ノアシティの高級住宅の建設についてはすでに進んでいた。
ノアシティの完成はまだ先になりそうですが、周辺の住宅やショッピングモールは高級感があり、ノアシティ(イートンシティ)もこれに続く都市になることは、BGCなどの都市を見ていても用意に想像できます。
フィリピンの経済発展に伴い、高級志向の人は益々増えるのは間違いありません。
仮想通貨都市「ノアシティ」がどんな都市になるのか高まりますね。

↓ノアシティ現地視察動画↓
仮想通貨都市ノアシティの現在を現地視察してきました。

フィリピンの不動産ツアー、観光ツアーにご興味ある方は僕のフェイスブックへメッセージをください^^友達申請も大歓迎です。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!